Linuxがsuspend jobで終われない

viエディタを[Ctrl-Z]で中断したときなど、suspendedとなったジョブが残っていると、Linuxからログオフできない。

この場合、jobsコマンドで中止状態となっているジョブが確認できる。

次にfgコマンドで中止状態のジョブを再起動させて終了させればログオフ可能になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です