MySQL – CSVファイルへのエクスポート

概要

MySQLへのCSVファイルのインポートについては、ターミナル上でのLOAD DATAコマンドによる方法を整理した。

テーブルやSELECTの結果のエクスポートについては、以下の方法がネット上でも一般的。

ただし、さくらレンタルサーバで上記を実行しようとすると、以下のようにエラーになる。

これはレンタルサーバのユーザディレクトリの権限がrwx---r-xとなっていて、MySQLからの書き込みが制限されているためらしく、レンタルサーバでこの権限を変更することは難しい。

phpMyAdminを使ったエクスポートなら、ブラウザ上での操作でテーブルのダウンロードが可能。

phpMyAdminを起動する

さくらレンタルサーバのコントロールパネルを立ち上げ、「データベースの設定」をクリック。

phpmyadmin-start-1

データベースの設定画面で、「管理ツールログイン」をクリック。

phpmyadmin-start-2

新しいタブでphpMyAdminのログイン画面が立ち上がるので、MySQLのユーザ名とパスワードを入力して「実行する」ボタンを押す。

phpmyadmin-login

phpMyAdminでのエクスポート操作

ログイン後の画面の左にデータベースの一覧があるので、エクスポートするテーブルがあるデータベースを選択。

phpmyadmin-select-database

データベース内のテーブル一覧が表示されるので、エクスポートするテーブルにチェックを入れて、「チェックしたものを」のドロップダウンリストから「エクスポート」を選択。

phpmyadmin-table-selection

エクスポート画面の左でCSVを選択すると、右側がCSVのオプション設定になる。

  • フィールド区切りのデフォルト';'','に変更
  • フィールド囲み記号のデフォルト'"'を残すか、必要に応じて削除
  • その他は適当に
  • 「ファイルに保存する」のチェックを外す
  • エンコーディング変換はしない
  • 「実行する」ボタンで、[テーブル名].csvのファイルがダウンロードされる

phpmyadmin-csv-settings

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です