matplotlib.pyplot – 主なグラフの設定概要

概要

matlib.pyplotの各グラフの一般的な設定をまとめておく。なお、カラー、線のスタイル、マーカーの設定はそれぞれ以下を参照

各グラフの主な設定

scatter~散布図

scatter(x, y)
デフォルト設定で散布図を描く。
scatter(x, y, marker=markerstyle, c=color)
マーカーの種類と色を指定。色指定はc=/color=のどちらでもよい。
scatter(x, y, marker=markerstyle, s=size, color=color)
マーカーのサイズも指定

plot~折れ線

plot(x, y)
デフォルト設定で折れ線グラフを描く。
plot(x, y, c=color)
線の色を設定。色指定はc=/color=のどちらでもよい
plot(x, y, linestyle=linestyle, linewidth=width)
線のスタイルと太さを設定。
plot(x, y, marker=markerstyle, markersize=size)
マーカーのスタイルとサイズを設定。
plot(x, y, styles[, x, y, styles]...)
スタイル文字列を使う。スタイル文字列は、たとえば’g^--‘のように表現。複数の線をまとめて指定可能。

hist~ヒストグラム

hist(data, bins=bins, label=label)
ビン数を指定してヒストグラムを描く。
hist(data, bins=bins, range=(min, max), color=color, edgecolor=color, linewidgh=width)
ビン数、レンジ、塗りつぶし色、枠線の色を指定。
hist(data, density=True)
頻度表示で設定。デフォルトは度数表示
hist(data, alpha=alpha)
複数のヒストグラムを重ねて描く場合の透明度をそれぞれ指定。各グラフのビン幅を揃えたいときは同じレンジを指定。
hist([data1, data2,...], bins=bins, color=[c1, c2,...], label=[l1, l2,...])
複数のヒストグラムを重ねずに並べて描く。
hist([data1, data2,...], bins=bins, stacked=True)
複数のヒストグラムを積み上げて描く。

円グラフ

pie(data, radius=r, counterclock=False, startangle=90, labels=labels, autopct=pctstring)
ラベルとパーセンテージの書式を指定して円グラフを描く。radiusは通常デフォルトの1を使う。counterclockstartangleはいちいち指定しないといけない。autopctの書式の基本形は、たとえば"%.1f"。ラベルとパーセンテージの位置を、半径の割合で指定可能(labeldistance, pctdistance)
pie(data, counteerclock=False, startangle=90, explode=explodelist)
explodeで各データの中心からの位置をリスト指定。同じ小さい値を全データにい指定するとデータ間に隙間ができる。特定データの値を大きくすると、そのデータのみ飛び出る。
pie(data, counteerclock=False, startangle=90, wedgegroups={'linewidgh':width, 'edgecolor'=color)
wedgegroupsに辞書を指定して、枠線の幅と色を指定。

ドーナツ型の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です