matplotlib.pyplot.quiver – ベクトル場

概要

matplotlib.pyplot.quiver()はベクトル場を可視化する。基本的なパラメーターは以下の通り。

quiver(X, Y, U, V, [C])
X, Yはベクトルの開始点、U, Vはベクトルの成分、Cはベクトルの大きさに応じたカラーマップ上の色をつけるための配列。

単一のベクトルの描画例

以下の例では、視点の位置と成分を1つずつ指定してベクトルを描画している。デフォルトではベクトルのスケールは描画領域に対して自動的に調節されるが、ここでは描画領域のスケールと同じになるようパラメーターを設定している。

matplotlibのドキュメントでは、scale_unitsのところに以下のように書かれている。

“To plot vectors in the x-y plane, with u and v having the same units as x and y, use angles='xy', scale_units='xy', scale=1

ベクトル場の描画例

以下の例では、xy平面上の位置に応じた成分を持つベクトルを描画している。関数のgradientのイメージ。

描画にあたって、開始点の座標とベクトルの成分をmeshgridで生成している。

1つ目の図は単に開始点と成分を与えただけで、単一の色で、ベクトルのスケールは自動調節されている。

2つ目の図はスケールと色付けのための配列を指定し、ベクトルの大きさに応じてcolormapで色を付けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です