Python3 – map()関数

map()関数は以下の引数をとり、第1引数の関数を第2引数のリストに適用する。

たとえば数値要素のリストから文字列要素のリストを得るには以下のようにする。

注意点の一つとして、map()関数の結果はリストにはならずイテレータを返すだけなので、list()関数でリスト化する必要がある。

もう一つの注意点として、mapオブジェクトが一度リスト化されると、その内容は空になってしまう。

map()関数の第1引数は、ユーザ定義案数やlambda式でもok。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です