Python3 – numpy.random – 乱数

ライブラリ

乱数を扱うには、numpy.randomライブラリが必要。

一様乱数 – rand()

引数なしのrand()関数は[0, 1)の一様分布に従う乱数を1つ発生させる(random()関数でも同じ)。

引数を1つ指定すると、その個数の乱数を要素に持つリストを返す(random()関数でも同じ)。

引数を2つ指定すると、その行数・列数の2次元配列の乱数を返す。引数がn1、n2、n3、・・・の場合、n1×n2×n3×・・・の多次元配列を返す。

一様整数乱数 – randint()/random_integers()

randint()

1~3個の引数をとり、終値未満の整数乱数を返す。終値を含まないため、配列からランダムに要素を取り出したい時に便利。

  • 引数が1つ(n)の場合、[0, n)の範囲の整数乱数を1つ返す
  • 引数が2つ(m, n)の場合、[m, n)の範囲の整数乱数を1つ返す
  • 引数が3つ(m, n, s)の場合[m, n)の範囲の整数乱数s個を要素とするリストを返す

サイズをリストで指定した場合、それに対応した次元・要素数の多次元配列で乱数列を返す。

random_integers()

引数の構成はrandint()と同じだが、

  • 上限値を含む、[start, end]の範囲の整数乱数
  • 引数の意味はrandint()と同じ

各種確率分布

exponential(lmd) – 指数分布
lmdは平均の逆数で、ポアソン過程でいう到着率、サービス率にあたる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です