numpy – r_とc_

numpy.r_ / numpy.c_は配列を結合するオブジェクト。vstack() / hstack()linspace()と似たような使い方ができるが、少し癖がある。

  • 配列と数値を混在させて結合できる
  • スライスでステップ数やか分割数を指定して数列をつくれる
  • vstack()hstack()の代わりに使える

vstack()hstack()と同じように使う。

ただしnumpy.r_で1行だけ追加するときに1次元配列のままだとエラー。numpy.c_で1列追加するときは1次元配列のままでも通る。素直にvstack()を使った方がよい。

配列と要素が混在していてもok。ただし文字列の場合は配列のみ。

スライスを使って数列を生成。

3つ目の引数に'j'をつけてnumpy.linspace()と同様の動作。このときは終了値が含まれる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です