Python3 – 整数除算と剰余(//, %)

//演算子

//演算子は、切り捨て除算と言われることが多いが、正確には小数部の切り捨てではなく、除算値を超えない最大の整数となる。これは実数の除算結果にfloorを適用した値と同じで、除算結果が負の時に注意を要する。

なお、被除数・除数の何れがマイナスかは問わず、計算結果がマイナスかどうかだけによる。

%演算子

%演算子は、引数の剰余(mod)を与える。除数の正負によって挙動が異なる点に注意。

除数が正のとき剰余は正となり、除数が負のときは剰余は負となる。

 \begin{array}{lcl} 13 \% 3 = 1 & \Rightarrow & 13 = 3 \times 4 + 1 \\ -13 \% 3 = 2 & \Rightarrow & -13 = 3 \times (-5) + 2 \\ 13 \% (-3) = -2 & \Rightarrow & 13 = -3 \times (-5) - 2 \\ -13 \% (-3) = -1 & \Rightarrow &  -13 = -3 \times 4 -1 \end{array}

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です